大相撲・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝青龍仮病疑惑に病院側が異例の反論説明をした


横綱・朝青龍(26)=高砂=の“仮病疑惑”に、診断書を出した三重・四日市市内の病院が30日、異例の“反論”を行った。病院への問い合わせが殺到し、診断への疑惑の目を向けられたこともあり、日本相撲協会広報部を通じ病状について文書で説明。左ひじの状態については、手術の必要性があることを訴えた。

そういわなければ仕方ないのは分かるがあのモンゴルでのサッカーしている映像を見せられるとちょっと無理があるように思えるな。顔見せ程度でグランドに立っているって感じでなくてかなり走り回って楽しんでますもんね。

続きを読む
スポンサーサイト

朝青龍が腰疲労骨折なのにモンゴルで中田英とサッカー


横綱・朝青龍に“仮病疑惑”が浮上した。名古屋場所で優勝した朝青龍は場所中に腰の痛みを訴え、25日に師匠の高砂親方(元大関・朝潮)が「腰の疲労骨折とひじ痛」の診断書を相撲協会に提出。診断書を受け取った大島巡業部長(元大関・旭国)は報道陣に全治6週間と説明し、8月3日から始まる夏巡業の休場を認めていた。

この診断書を書いた医師は嘘を書いたってことなのか?本当に痛みがあったら走り回ったりできないわけだし仮病の確率は高そう。

続きを読む

元十両の高見藤がギャンブルでの借金が原因で引退


大相撲の元十両で東幕下2枚目の高見藤(27)=本名横山英希、岡山県出身、東関部屋=が18日、日本相撲協会に引退届を出した。師匠の東関親方(元関脇高見山)によると、パチンコなどのギャンブルで借金がかさみ、相撲を取る気力がなくなったという。

飲食なら番付上位の先輩なんかについて行けばおごってもらえるけどパチンコなんかに使う
お金はお小遣いみたいなかたちでもらったりできないのかな。
相撲を取る気力がなくなったっていうのはやめる口実のように感じるな。

続きを読む
Copyright © スポーツをみ続けて All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。