高校野球・アマ野球・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校野球の監督の抗議ときくと、ドカベンの土井垣監督思い出す


審判もプロ野球の審判のようにプロではないので、プロの審判でもミスはあるのでアマチュアの審判なら尚更ミスもあることが想像できるのであまり審判に抗議するのはかわいそうに思える。それにプロでもほとんど抗議してもくつがえることがないことを考えると時間の無駄にも思える。

しかし、どうしても抗議したい状況で選手がするより保護者的立場の監督が抗議するという考えもありかな?

続きを読む
スポンサーサイト

日大のユニフォームのパターンは何種類なのかな?


今大会注目の左腕菊池から5点を取った長崎日大打線は凄かったが、最後にうっちゃられたのは残念でした。しかし、菊池投手のものすごい投球を見れる可能性が残されたともいえる・・・かな。

3本塁打で試合を優位に進めた長崎日大。しかしエース大瀬良と2番手の寺尾が、花巻東の粘りの攻撃に耐えられなかった。

続きを読む

第80回選抜高校野球は沖縄尚学が優勝、準優勝は聖望学園


沖縄尚学が春のセンバツでV2を達成した。今大会は接戦多い大会だったから決勝戦も好投手の投げ合いと思っていたが大差がついてしまってちょっと残念でした。

第80回記念選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)の決勝が4日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場であり、3年ぶり4回目出場の沖縄尚学(沖縄)が、初出場の聖望学園(埼玉)を9-0で破り、9年ぶり2回目の優勝を果たした。沖縄勢としての優勝も2回目。

続きを読む

センバツ高校野球、初日の3試合すべて接戦


春のセンバツ高校野球が開幕したが、初日の3試合がすべて接戦のいい試合だった。21世紀枠の成章、安房が初日から2チーム登場して最近姉妹校の駒大苫小牧が頑張りまくっている駒大岩見沢と野球が強い県の熊本の城北を破って勝ち上がったのには驚きだ。

続きを読む

斎藤祐樹格好よすぎるぞ!慶大を完封


前回も無失点だった斎藤祐樹だが6回までしか投げていなくて延長の末慶大に負けてしまったが今回は最後まで投げて完封勝ちとはちょっと格好よすぎです。

東京六大学野球秋季リーグ戦は30日、神宮球場で早大-慶大3回戦を行い、早大の斎藤佑樹投手が慶大を完封して7-0で勝ち、3季連続40度目の優勝を果たした。

続きを読む

慶大加藤幹典通算30勝、斎藤祐樹は6回無失点


相手投手が通算30勝もしている投手だけに援護がなく早大を勝利に導くことができなかった斎藤祐樹投手だが、6回無失点に抑えるところが斎藤祐樹と感じさせる。

慶大が延長12回、サヨナラ勝ちで先勝した。エース加藤幹典投手(4年=川和)が166球を投げ抜き、6安打9奪三振で完封。リーグ通算30勝を達成した。「(30勝は)終わってから考えたい。優勝がすべて」と29日の2戦目に集中した。先発した早大・斎藤佑樹投手(1年=早実)は6回を投げ、5安打無失点も打線の援護なく降板。勝敗は付かなかった。

続きを読む

斎藤祐樹さすがだ!完投勝利も初被弾もニュースになる


さすが斎藤祐樹といったところかな、1失点が本塁打によるものだったのでそれが大学でのはじめての被本塁打だったのでそのことも話題になってしまうところが注目されている選手ならではかな。

◆東京六大学第4週第2日 早大8-1立大(1日・神宮) 2試合を行い、早大のスーパールーキー・斎藤佑樹投手が9月25日の法大戦に続き、無四球の7安打1失点で2戦連続で完投勝利を挙げた。斎藤佑は5回1死、立大の6番鈴木雄に大学に入学して初の被弾となるソロ本塁打を打たれた。

続きを読む

斎藤佑樹中一日で完投勝利、体が心配


斉藤祐樹が初黒星を喫したといっても6回2失点だからめちゃくちゃ悪くて負けたわけではなく、打線の援護に恵まれなかっただけだから、しかしその負けにより気合が入って今回の1失点の完投勝利となったのかな。

東京六大学野球第3週第4日(25日、神宮)、早大・斎藤佑樹投手(1年)が法大4回戦に先発し、リーグ戦初の完投勝利を挙げた。初黒星を喫した23日の同2回戦から中1日、9回5安打1失点とねじ伏せ、見事にリベンジを果たした。チームは9-1と快勝し、2勝1敗1分けで勝ち点2を挙げた。また、同じく4回戦にもつれ込んだ慶大は明大に4-2で逆転勝ちし、勝ち点2を挙げた。

続きを読む

斎藤祐樹が秋の開幕戦も勝利


斉藤祐樹の実力にとくに疑問はないけど、春も東大だったし勝ち投手になるのはさほど驚きはないなが、1年生で春、秋とも先発投手ってところは流石に甲子園優勝投手ってところだな。

佑ちゃんが80年ぶりの快挙! 早大vs.東大の一戦を皮切りに、東京六大学秋季リーグが8日、神宮球場で開幕した。早大の開幕投手は、春に続き斎藤佑樹(早稲田実高)。斎藤は初回から144キロのストレートを計時するなど、キレのあるストレートを中心に東大打線に的を絞らせず。得点圏に走者を背負ったのが7回の1イニングのみと終始安定していた。

続きを読む

広陵・中井監督、球審判定を批判しちゃったよ


日本高校野球連盟の田名部和裕参事(61)は23日、大阪市内で行われた広陵(広島)の全国高校野球選手権準優勝報告会で、22日の決勝戦後に審判批判をした広陵・中井哲之監督(45)に対して、口頭で注意したことを明かした。

続きを読む
Copyright © スポーツをみ続けて All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。