プロ野球・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これだけ貰えるのなら巨人にいくよな


貧乏球団では歯が立たないぐらいの契約金だもんな、それでも巨人はV9以外はそれに見合うほど勝てていないのでそんなに問題にすることでもないような?

安部の10億にはどこも太刀打ちできない金額、その次がちょっと意外の野間口の7億、その次が高橋由伸の6.5億で上原と二岡の5億と1億円プラス出来高5千万円を聞きなれてるととんでもない額だね。これだけ桁違いな金額を目の当たりにすると上限ではなくて、緩やかな目安とはどんだけ幅があるんだろうね。その点では、内海の2.5億なら緩やかな目安は常識の範囲内なきはするが。



続きを読む
スポンサーサイト

杉内の終身雇用要望にどうする?巨人


選手側からすれば複数年契約の年数が増えれば将来の不安が薄れていいんだろうけど、球団側からすると長くなればなるほど不良債権化する可能性があるから年齢にもよるけど長くて5年ぐらいがいいとこと思う。

今回大リーグで杉内と同じ年齢31歳のカージナルスのプホルスがエンゼルスに10年総額2億5400万ドルで契約したが、日本の球団で資金力がある巨人でも10年50億円なんてちょっと考えられないような?


続きを読む

伊良部秀輝投手、米独立リーグから日本の独立リーグへ


米独立リーグ入りの時もビックリしたが米独立リーグでやる気が沸々と湧き上がってきたのだろうか四国アイランドリーグ入りとはさらにビックリだ。今、揉め事続きの関西独立リーグの神戸9クルーズの選手兼任監督なんかいかがでしょうか??

プロ野球のロッテ、阪神や米大リーグのヤンキースなどでプレーし、米独立リーグで現役復帰した伊良部秀輝投手(40)が、四国・九州アイランドリーグの高知へ入団することが決まり、8日同球団が発表した。10日に高知市内で入団記者会見する。

続きを読む

キューバ強し!星野ジャパンいきなりの黒星


なんだか星野ジャパンが負けることなんかないなんて錯覚していたがやっぱり負けるときは負けちゃいますね。選手も怪我の具合が見て分かるぐらいわるいようだし、全力プレーができるのか不安になる。台湾、韓国もいるしさらにアメリカもいますしほんとうに大丈夫なのかこのキューバ戦の敗戦でこれからの展開が不安でいっぱいです。

続きを読む

元プロ野球選手の江藤慎一氏が死去


プロ野球も大リーグに並ぶことは無理だけど歴史が長くなってきているからこういう寂しいニュースにはこれからも接することは仕方ないんだけどやっぱり寂しくなる。

プロ野球の中日などで活躍し、史上初めてセ、パ両リーグで首位打者に輝いた江藤慎一(えとう・しんいち)氏が28日午後3時38分、肝臓がんのため東京都内の病院で死去した。70歳。熊本県出身。葬儀・告別式は3月5日午前10時から東京都品川区西五反田5の32の20の桐ケ谷斎場で。喪主は三女忍(しのぶ)さん。
続きを読む

クルーン移籍の意外な真実を須藤氏が語ってます


やっぱり巨人は抑えが安定すると強いんだよな、昨年も怪我の功名で上原が抑えで頑張っちゃうとゆうしょうしてしまうし来年も今年ぐらいクルーンが投げられれば当然優勝候補筆頭って感じがする。

須藤氏によると、クルーンは自ら「巨人とは1年契約だが、今季(1)40試合登板 (2)27セーブ (3)防御率2点台 (4)被打率.250 のうち1つでもクリアすれば、2年目も契約できることになっている」と明かしている。事実とすれば、昨年43試合登板、31セーブ、防御率2.76のクルーンにとって、決して高いハードルではない。

続きを読む

北京五輪でもこの緊迫の試合がまた観れるんだ!


6回裏、台湾に逆転2ランを打たれたときは回も回だけにヤバイ雰囲気が漂いまくったが、7回表の猛攻で苦しい時間は短くてすんで心臓には良かった。

終盤で相手にリードされるのは前日の韓国戦の1回の先制本塁打とは違ってこういう一発勝負の試合だとめちゃくちゃ心臓に悪いですね。

続きを読む

こんなにドキドキして観る野球なんて何年ぶりだっただろう。


フィリピンとの肩慣らしのような試合が終わったら、いきなり負ければこの大会での北京五輪出場権獲得が不可能になってしまう試合になってしまうとは。

WBCで優勝したにも関わらず、韓国には予選で2敗を喫した日本だけにこの試合は負けられない以上に負けられない感じの試合だったように思えた。

続きを読む

井端の死球の怪我の具合だけが心配の試合でした。


井端の死球だけが心配なところだが、それ以外は順当な試合内容だったように思えました。7回コールド、涌井の無四球無得点と格下フィリピンとの対戦とはいっても一発勝負ですし安心して観戦できました。

初回の5点は何だか相手の守備のまずさが出まくって頂いたような得点でしたが、初戦の初回でいきなり5点は肩の力を抜いて試合をするには良かったですね。そのあと5回に稲葉のソロ本塁打がでるまで得点できなかったことを考えるとさらに有難かった。

続きを読む

星野ジャパンの最終メンバーから渡辺俊が外れたのは以外でした


韓国に相性が良いと評判だったはずの渡辺俊介だったのに、最近は先発の話になるとダルビッシュ、成瀬、川上の名前しか上がらなくなっていたのが気にはなっていたが、先発がなくなっても相性の良さを生かして中継ぎにも使えるからメンバー落ちはないだろうと思っていたのでちょっとビックリした。
続きを読む
Copyright © スポーツをみ続けて All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。