日本、コロンビアと引き分けて得失点差でキリンカップ優勝・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本、コロンビアと引き分けて得失点差でキリンカップ優勝


世界ランク26位のチームと引き分けて優勝、まずますの試合だったし無失点だからよしとします
か。さてアジアカップではどのような結果を残してくれるのだろうかオシムジャパンは。

ちょっと前まではこれくらいのレベルの国としあいをすると攻めることなんてほとんどなくて
無失点で抑えて引き分けになればめっけもん的な試合展開が当たり前だったが、最近は
ようやく負けたとしても攻める時間を作れるようになってきた、うれしいな。

サッカー日本代表は5日、国際親善試合「キリンカップ2007~ALL FOR 2010!~」でコロンビア代表と埼玉スタジアム2002で対戦し、0-0で引き分けた。この結果、日本は1勝1分けでコロンビアと並んだが、得失点差で上回り、3大会ぶりの優勝を果たした。

日本は中村俊、高原、稲本、中田の海外組4人がそろって先発に名を連ねた。前半は両チーム共に様子をうかがいながら一進一退の攻防。日本はコロンビアに押し込まれる場面も見られたが、0-0のまま前半を終えた。

後半に入ると、オシム監督は中田に代えて今野、稲本に代えて羽生を投入。序盤から猛攻を仕掛けるが、ゴールには至らず。後半35分には巻を投入して2トップにし攻勢を強めるが、決定力を欠いた。

日本は今後、7月7日開幕のアジアカップ(東南アジア4カ国共催)で3連覇を目指す。初戦は同9日のカタール戦(ハノイ)となる。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070605-00000029-spnavi-socc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。