F1で大クラッシュ、R.クビサ奇跡的に軽症・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F1で大クラッシュ、R.クビサ奇跡的に軽症


BMWザウバーのロバート・クビサは、現地時間(以下、現地時間)10日、第6戦カナダGPの決勝レースで大クラッシュを喫したが、病院での検査の結果、軽い脳しんとうと右足首の捻挫の軽傷と診断された。『ロイター』通信、イギリスのモータースポーツ専門誌『Autosport』(電子版)が伝えている。

ここ何年もF1見てなかったのにたまたま見ていたらあのクラッシュだもんな、解説者はたしか
片山右京さんと脇坂寿一さんだったと思うが2人とも動け動けと言っていたがクビサは動かな
かったのでとても心配していたが、脳しんとうで動かなかったのかな?
しかし、あのクラッシュで軽症とは神がかってるのか、最近の安全設計のおかげなのか。


一時は脚を骨折しているとの情報が流れたが、病院の発表によると、事故による重大な影響は見受けられず、軽い脳しんとうと右足首の捻挫の軽傷を負ったのみで、生命にはなんら危険はないとのこと。看護のために一晩入院し、11日午前中に再検査を行なうが、問題がなければその日のうちに退院できる見込みである。

しかし誰がこういう間違ったことをいいだすのかな?骨折と捻挫じゃ復帰に掛かる時間が違い
過ぎるのでファンにとってはとんでもない誤報だったな。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070611-00000102-ism-spo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。