全仏女子シングルスはエナンがイワノビッチに圧勝で3連覇・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全仏女子シングルスはエナンがイワノビッチに圧勝で3連覇


テニスの全仏オープン第14日は9日、パリのローランギャロスで女子シングルス決勝を行い、第1シードのジュスティーヌ・エナン(ベルギー)が第7シードのアナ・イワノビッチ(セルビア)に6-1、6-2で圧勝し、3年連続4度目の優勝を果たした。3連覇は1990-92年のモニカ・セレシュ(当時ユーゴスラビア)以来。エナンは四大大会通算6勝目。

結構どのコートでも強いイメージがあったジュスティーヌ・エナン・アーデンだが4大大会での
優勝のうち半分以上がクレーコートの全仏での優勝とはちょっとビックリした。

モニカ・セレシュの名を聞くのは久しぶりだな、あの打つときのうめき声を思い出す。

ストレート勝ちのエナンは2年前の4回戦を最後に1セットも落とさず、35セット連取となった。優勝賞金100万ユーロ(約1億6400万円)を獲得した。

エナンはストロークを広角に打ち分けて、四大大会で初めて決勝に進出した19歳のイワノビッチを圧倒した。

イワノビッチはこれからの注目株って感じだな、シャラポワと年も近いしライバルとなっていける
のか楽しみ。

(引用:iza:イザ!

Copyright © スポーツをみ続けて All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。