ナダルが全仏オープンテニスシングルス3連覇達成・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナダルが全仏オープンテニスシングルス3連覇達成


テニスの全仏オープン最終日は10日、当地のローランギャロスで男子シングルス決勝が行われ、第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)が第1シードのロジャー・フェデラー(スイス)を6-3、4-6、6-3、6-4で下し、大会3連覇を達成した。

全仏は女子のジュスティーヌ・エナン・アーデンに続いて男子もナダルが3連覇で優勝した。

全仏3連覇は1978年~81年に4連覇したビヨルン・ボルグ(スウェーデン)以来で、大会参加がフランス居住者以外にも開放された25年以降では史上2人目。通算3勝は、ボルグの6勝、アンリ・コシェ(フランス)の4勝に次いで3位タイ。

ナダルは凄い人と並んでしまったな、ナダルのクレーコートでのこの異常な強さはいったい
なんなんでしょうか。

決勝でナダルとフェデラーが対戦するのは2年連続。ナダルは強力なショットと粘りで、終始押し気味に試合を進めた。初優勝を狙ったフェデラーは2年連続の準優勝で、史上3人目の4大大会4連勝、6人目の4大大会制覇(グランドスラム)はならなかった。

ナダルから初めてのセットを奪ったのはさすがフェデラーというところだが、フェデラーにとって
はとんでもない選手が現れてしまったな、ナダルのクレーコートでの圧倒的な強さおかげで
年間グランドスラムどころか全仏の優勝をてにすることができないかもしれない。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070611-00000008-jij-spo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。