田中将大プロ初完封は野村克也監督を歴代5位に押し上げた!・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田中将大プロ初完封は野村克也監督を歴代5位に押し上げた!


松坂級の快投だ。楽天・田中将大投手(18)が13日の中日戦で今季4勝目をプロ入り初、今季新人一番乗りの完封勝利で飾った。自己最速の151キロをマーク、150球の熱投でチームの連敗を4で止めた。

田中将大投手がやっちゃいました。完封勝利です。

150球はちょっと球数投げすぎだけど、どうせなら後一球なげて自己最速151キロと同じなら
おもしろかったな。



6月までに4勝を挙げた高卒新人はドラフト制以降、99年の西武・松坂大輔投手(26=現レッドソックス)以来、8年ぶり5人目。野村克也監督(71)はそんな孝行息子の快投で西本幸雄氏に並ぶ歴代5位の監督通算1384勝を挙げた。

初完封の勝利が野村克也監督の監督通算勝利数が歴代5位となる記念の勝利となるなんて、
マー君はやはり何かをもってますな。
松坂はプロ一年目は16勝(5敗)で最多勝をとっているが、チーム力が違うから難しいかも
しれないが田中将大もこの数字を目標に頑張ってもらいたい。

(引用:ライブドアニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。