桑田真澄、本拠地デビュー・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桑田真澄、本拠地デビュー


緊張を感じた10日のヤンキース戦に比べれば、純粋にマウンドを楽しめたようだ。「きょうかな、きょうかなと思ってずっと過ごしてきた」とパイレーツの桑田は、待ち焦がれた本拠地で14日に初登板。やっと投げられたうれしさをかみしめながら、レンジャーズ打線に対し、1回を3人でピシャリと抑えた。

まだ2試合に登板しただけだが、前回は失点しているので今回3人できっちり抑えれたのはメジャーに定着するにはいい結果だった。

トレーシー監督は「クワタはすごい投球のノウハウがあるし、ストライクを投げる“機械”だ」と抜群の制球力を評価した。今回の出番はリードされた九回だったが、これからはもっと重要な場面で使われるはずだ。

モイヤーの投球でもわかるがコントロールと緩急でメジャーで生き残れるし、桑田はモイヤー
より急速はまだある方なので中継ぎでなら結構いけるのかもしれないな。
監督のコメントはまだリップサービスの域をでないので次に勝ってる試合での登板が本当の
意味での勝負だな。

(引用:iza:イザ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。