全米オープンは片山晋吾が日本勢では唯一人19位で予選通過 ・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全米オープンは片山晋吾が日本勢では唯一人19位で予選通過 


男子ゴルフの今季メジャー第2戦、全米オープン選手権は15日、米ペンシルベニア州のオークモントCCで第2ラウンドが行われた。21位でスタートした片山晋呉は2バーディー、6ボギーの74。通算6オーバーの19位タイで、日本勢でただ一人、予選を通過。単独首位は通算イーブンパーのカブレラ(アルゼンチン)。

5人出場して片山晋吾だだ1人だけしか予選を通過しないとは、男子プロゴルフの現状なんだな。
こういう中で石川遼君を異常に担ぎ上げるのもいたしかたなしかな。

昨年12位の今田竜二は通算12オーバー、83位で2打及ばす予選落ち。増田伸洋、谷口徹、横尾要は通算13オーバー、92位で3打及ばず予選落ち。予選落ちした4人ともあと少しだったのに決勝ラウンドに進めなかった。

(引用:ライブドアニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。