F1アメリカGP決勝、ハミルトンが2連勝・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F1アメリカGP決勝、ハミルトンが2連勝


2007年F1世界選手権第7戦アメリカGP決勝が17日(日)日本時間26時(18日午前2時、現地時間14時)からアメリカ、インディアナポリス・モーター・スピードウェイで行われた。


前日に行われた予選で、ポールポジションを獲得したのは、マクラーレンのルイス・ハミルトン。2番手はチームメートのフェルナンド・アロンソ、3番手にフェリペ・マッサ(フェラーリ)。

オーバーテイクが続出したアメリカGPで優勝を果たしたのは、ルイス・ハミルトン。前戦カナダGPに続いて、2連勝を飾っている。2位にアロンソ、3位にはマッサだった。

予選と決勝の結果が同じとは少し面白みにかけるように思うが、マクラーレンのハミルトンと
アロンソのナンバー1ドライバー争いが面白くなってきた。

SUPER AGURIのアンソニー・デビッドソンは11位。Honda Racing F1のジェンソン・バトンは12位という結果だった。SUPER AGURIの佐藤琢磨は、序盤にコースオフを喫し、リタイアに終わっている。

前回はポイント獲得に沸いたSUPER AGURIの佐藤琢磨だけど今回は早々にリタイアしてしまい観ているほうは楽しみが減ったな。SUPER AGURIもデビットソンの11位が最高で連続で
ポイント獲得はならなかった。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070618-00000000-fliv-moto

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。