全米オープンゴルフ、カブレラ初優勝、ウッズ2位・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全米オープンゴルフ、カブレラ初優勝、ウッズ2位


<米男子ゴルフ:全米オープン選手権>◇最終日◇17日◇ペンシルベニア州オークモントCC(7230ヤード、パー70)◇賞金総額700万ドル(約8億4000万円)優勝126万 ドル (約1億5120万円)

先日終わったテニスの全仏オープンの優勝者は男女とも100万ユーロ(約1億6000万円)で賞金
総額は1526万ユーロ(約25億円)だったのを見てもゴルフでは4大メジャー、テニスではグランド
スラム4大大会というビックな大会では名誉だけでなく優勝賞金もかなり高額ですね。


タイガー・ウッズ(31=米国)が、通算6オーバーの2位に終わり、メジャー通算13勝目を逃した。2打差2位からのスタートで1番終了時には首位に浮上。しかし、その後はショットもパットも切れを欠き、わずか1打及ばなかった。69で回ったアンヘル・カブレラ(37=アルゼンチン)が通算5アンダーで、米ツアー初優勝を、南米人として初の全米オープン制覇で飾った。

片山晋呉(34)は、この日3オーバーと健闘し、通算18オーバーで前日の45位から36位に食い込んだ。

タイガー・ウッズの脅威のタイガーチャージが不発に終わって残念な展開だったが今まで何度かチャンスを逃していたらしいカブレラが優勝というのはいいことかもしれない。初優勝という
のが片山晋吾だったらよかったのにとすこし思ってしまった。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070618-00000008-nks_fl-golf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。