元十両の高見藤がギャンブルでの借金が原因で引退・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元十両の高見藤がギャンブルでの借金が原因で引退


大相撲の元十両で東幕下2枚目の高見藤(27)=本名横山英希、岡山県出身、東関部屋=が18日、日本相撲協会に引退届を出した。師匠の東関親方(元関脇高見山)によると、パチンコなどのギャンブルで借金がかさみ、相撲を取る気力がなくなったという。

飲食なら番付上位の先輩なんかについて行けばおごってもらえるけどパチンコなんかに使う
お金はお小遣いみたいなかたちでもらったりできないのかな。
相撲を取る気力がなくなったっていうのはやめる口実のように感じるな。

高見藤は東洋大時代に学生横綱となり、岡山県和気町役場を経て入門。今年春場所、新十両に昇進した。夏場所は幕下だったが、25日発表の名古屋場所番付で十両に再昇進することが決まっていた。

学生横綱になっても関取に定着するのは難しいんだな。

関取級の力士がこうした理由で引退するのは珍しく、東関親方は「何回も注意したが直らなかった。若い者にも示しがつかない。これからという時に残念だ」と話した。

ギャンブルにはまってしまうと止めろと言われてもなかなか止められないんだよな。それでも
十両に定着さえしていれば結構お金もらえるから、こういう結果にはならなかったと考えられる
が、やっぱり無理かな。


引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070618-00000130-jij-spo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。