桑田真澄のカーブは寿司ボール・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桑田真澄のカーブは寿司ボール


「桑田の“寿司ボール”は新鮮な素材を使っている」という見出しで、66から68マイルの超スロー・カーブを、“寿司ボール”と命名することを提案している。桑田自身は、春季キャンプから“レインボーカーブ”と紹介しているが、「どういう呼び方にしろ、凄い」と絶賛。

桑田の命名は却下というところかな、外国の人にしてみればレインボーより投げてる桑田が日本
人なんで寿司としたほうが耳に残っていいのかも知れないな。


日本で投げていたときから桑田のカーブは昔で言うところのドロップで最近はあまり縦に大きく
割れるドロップを投げる投手は見かけないといわれていたが、桑田の寿司ボールは大リーグで
魔球となるのか。

(引用:ライブドアニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。