松坂大輔10奪三振の力投も勝てず2敗目・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松坂大輔10奪三振の力投も勝てず2敗目


米大リーグ、レッドソックスの松坂大輔は18日(日本時間)、敵地トロントでのブルージェイズ戦に、3度目の先発登板を果たしたが、6回2失点で降板し、2敗目を喫した。また、レッドソックスの岡島秀樹が松坂の後を受けて7回から登板。1回無失点3奪三振と完ぺきな投球を披露した。

岡島は現在のところいい感じで投げれている、あとはこの調子をどこまで維持していけるか
だけどしばらくは好調が持続しそうな投球内容だ。

松坂は3回まで無失点に抑えたが、1点リードの4回に3四球と突如制球を乱し、タイムリーと押し出し四球で2点を失った。しかし、その後は立ち直り、6回を投げて失点はこれだけ。奪三振は毎回の10と、デビュー戦以来の2ケタを記録した。しかし、打線の援護なく今季2敗目(1勝)。

松坂は3度先発しているが毎度打線の援護がないなもう少し点を取ってくれれば問題なく
勝てている試合ばかりと思うが、まぁもともと打線には定評があるボストン・レッドソックスなんで
もう少しの辛抱ってところかな。2敗しているけど試合自体は壊していないのでファンからの
批判もまだでることもないしね。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070418-00000008-spnavi-base

Copyright © スポーツをみ続けて All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。