ビーナス・ウィリアムズがウィンブルドンで4度目の優勝・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビーナス・ウィリアムズがウィンブルドンで4度目の優勝


テニス4大大会の第3戦となるウィンブルドン選手権は7日、女子シングルス決勝を行い、第23シードのビーナス・ウィリアムズ(米国)が第18シードのマリオン・バルトリ(フランス)を6―4、6―1で下し、2年ぶり4度目の優勝を飾った。

ビーナス・ウィリアムズは四大大会6度優勝中4度がウィンブルドンなのでプレースタイルが芝に
あってるんだろうな。
バルトリにとっては、シード順でみてもチャンスだったのに勿体なかったな。


元世界ランク1位のウィリアムズは試合後「戻ってくるまで長い道程だった。これまでタフな失点も経験したが、その中で、マリオン(バルトリ)を含む世界のトップ選手達を破ってきた」と語った。

バルトリには、グラフやヒンギスが出てきたときのような勢いが決勝では見られなかった。
年齢的にも今年23歳となるので試合の中で大きく成長するってこともないのかな?

06年は姉妹揃ってあまり目立たなくなってきてウィリアムズ時代も終わりを告げたって感じが
していたけど、今年全豪で妹が優勝して今度は姉が全英で優勝、まだもう少しウィリアムズ時代
は続きそうだな。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070708-00000799-reu-spo

Copyright © スポーツをみ続けて All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。