ゴルフ界にも薬物疑惑発生・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴルフ界にも薬物疑惑発生


大きな金額が貰えるスポーツではどうしても薬物使用の疑惑はなくならない。成績が良くなると思われるならどんなものでも取り入れたいと思う欲求を抑えることはかなり難しいと思うし、将来体に不調がでると言われても金と名声の前では先のことなんてかすんでしまうんだろうな。

男子ゴルフでメジャー大会通算9勝を挙げている往年の名選手、ゲーリー・プレーヤー(南アフリカ)が18日、ゴルフ界でも「少なくとも10人は何らかの薬物を摂取している」と糾弾し、ドーピング検査の導入を訴えた。

大リーグでも選手側から暴露があったが、ゴルフ界でもこれからいろいろでてきそうだな。

薬物を使用している選手から自身が直接聞いたとし、ヒト成長ホルモン(HGH)や筋肉増強剤のまん延を指摘した。欧米や日本のプロツアーはドーピング対策が遅れ、組織的な監視体制が確立されていない。

そうはいっても、スポーツ界全体が反ドーピングに向かって動いているのにだらだらとやっているとゴルフ界のイメージが悪くなってるから結局はけっこう早い段階で体制は整ってくるような展開になってくるんだろうけど。

(引用:iza:イザ!

Copyright © スポーツをみ続けて All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。