第136回全英オープンゴルフ、ハリントンがプレーオフ制してメジャー初優勝 ・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第136回全英オープンゴルフ、ハリントンがプレーオフ制してメジャー初優勝 


男子ゴルフの全英オープン選手権は22日、当地のカーヌスティ・リンクス(7421ヤード、パー71)で最終ラウンドを行い、パドレイグ・ハリントン(アイルランド)がセルヒオ・ガルシア(スペイン)とのプレーオフを制し、メジャー初優勝を果たした。

タイガーの3連覇はダメだった。それにしても放送をみていてあまりのタイガーよりの放送に違和感を感じた。松岡修造のタイガー頑張れレポートはけっこうウザかった。

テニスとかサッカーみていても自国の選手やチームを応援するのは当たり前だけど他国の選手やチームを必死になって応援するのは見かけない。タイガーは嫌いじゃないけど違和感を感じる松岡リポーターでした。

優勝賞金は75万ポンド(約1億9125万円)。欧州勢のメジャー制覇は99年の全英を制したポール・ローリー(英国)以来。アイルランド選手の全英優勝は60年ぶり2人目。

今は1ポンドは250円弱なんで2億円近くに優勝賞金額がなっている。イギリスに出張や旅行などで行くと地下鉄や新聞が円に換算すると異常に高いので驚くらしい。

それにしても日本勢は予選を突破するのも一苦労で日本を応援するという点ではほとんど楽しめずに残念でした。

(引用:ライブドアニュース

Copyright © スポーツをみ続けて All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。