朝青龍が腰疲労骨折なのにモンゴルで中田英とサッカー・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝青龍が腰疲労骨折なのにモンゴルで中田英とサッカー


横綱・朝青龍に“仮病疑惑”が浮上した。名古屋場所で優勝した朝青龍は場所中に腰の痛みを訴え、25日に師匠の高砂親方(元大関・朝潮)が「腰の疲労骨折とひじ痛」の診断書を相撲協会に提出。診断書を受け取った大島巡業部長(元大関・旭国)は報道陣に全治6週間と説明し、8月3日から始まる夏巡業の休場を認めていた。

この診断書を書いた医師は嘘を書いたってことなのか?本当に痛みがあったら走り回ったりできないわけだし仮病の確率は高そう。

ところが、朝青龍は既にモンゴルに帰国。関係者によると、母国に向かう飛行機内でサッカー元日本代表の中田英寿さんの関係者と遭遇。中田さんがモンゴルサッカー協会の要請で、現地の子供たちを訪問することを知り、25日に開催されたイベントに参加。短パン姿で元気に動き回っていた模様が、同日午後のフジテレビ「スーパーニュース」で報じられた。

しかし、中田英寿の関係者って今の時期に朝青龍モンゴルに帰ることに疑問を感じなかったのかな。関係ないのに中田英寿のイメージも悪くなってしまう。

それにしても朝青龍は本場所での優勝しか興味ないように感じるな。もし仮病が本当なら横綱の地位剥奪=廃業なんて事態に発展してしまうことはありえるのか気になるところだな。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070726-00000016-spn-spo

Copyright © スポーツをみ続けて All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。