朝青龍仮病疑惑に病院側が異例の反論説明をした・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝青龍仮病疑惑に病院側が異例の反論説明をした


横綱・朝青龍(26)=高砂=の“仮病疑惑”に、診断書を出した三重・四日市市内の病院が30日、異例の“反論”を行った。病院への問い合わせが殺到し、診断への疑惑の目を向けられたこともあり、日本相撲協会広報部を通じ病状について文書で説明。左ひじの状態については、手術の必要性があることを訴えた。

そういわなければ仕方ないのは分かるがあのモンゴルでのサッカーしている映像を見せられるとちょっと無理があるように思えるな。顔見せ程度でグランドに立っているって感じでなくてかなり走り回って楽しんでますもんね。

焦点となっていた腰の疲労骨折。既に急性腰痛症と第5腰椎(ツイ)=椎弓=疲労骨折と診断されているが、「検査所見と本人の訴え、診察所見を総合」と説明した。朝青龍自身が、激痛を訴えていたため診断が下されたようだ。

激痛ってところがあのサッカーシーンで嘘っぽく感じてしまう。

もっとも、深刻だったのはひじ。左ひじ内側側副じん帯損傷、左尺骨神経痛については「かなりひどい状態で、エックス線検査上、今でも手術をしなくてはいけないほどの状態」と、深刻さを訴えた。約6週間程度の休養、加療を要すると発表したことについては、腰の疲労骨折だけではなく「(ひじを)手術したことを考えて決定」と、付け加えた。

あのサッカーシーンでは腰よりひじのほうが深刻というしかないよな。

師匠の高砂親方(元大関・朝潮)は「6週間はおかしくないでしょ。腰よりひじ。場合によっては、手術もしなければいけないみたいだ。明日(31日)から入院します」と話した。病院側への取材については「迷惑になるので今後はこっち(相撲協会)が対応します」と、取材自粛を要請。

師匠まで腰よりひじというとやっぱりあのサッカーシーンではこういうしかないと判断したとおもってしまった。だいたいどっちがというよりスポーツ選手としては両方深刻な問題でしょう。150キロ前後の巨体を支えまた同じような体重の相手を受け止めるとき腰はちょっと痛いだけでもキツイと思うのにひじひじというのはサッカーで楽しく走り回ってボールを蹴っているから腰が深刻とはいえないもんな、でも診断では疲労骨折なんだけど。

(引用:ライブドアニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。