全英女子オープンで宮里藍が日本人トップの暫定4位で好スタートを切った・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全英女子オープンで宮里藍が日本人トップの暫定4位で好スタートを切った


・セントアンドルーズ・オールドコース(6638ヤード、パー73)◇賞金総額105万ポンド(約2億6300万円)優勝16万ポンド(約4010万円)
6バーディー(1ボギー、1ダブルボギー)を奪い、3アンダーの70で回った宮里藍(22=サントリー)は首位と3打差の暫定4位と好スタートを切った。初日は日没サスペンデッドのため6選手が競技を終了できなかった。

ゴルフの聖地といわれているセントアンドリュースで初めて行われる全英女子OPで優勝すると間違いなく歴史に名を残すことになる今回の全英女子ゴルフで宮里藍が好発進した。最終日までどれだけ上位にい続けることができるのか楽しみだけど不安。しかし、先々週のマッチプレーで2位になるなど最近は一時の不調から復活してきているように思えるので期待が膨らむ。

それにしてもウインブルドンテニスの優勝賞金額が70万ポンドだったことと比較すると16万ポンドは少ないな、まぁ賞金総額がテニスの方が1128万ポンドを超えていて10倍以上だからしかたないけど。

世界ランク1位のロレーナ・オチョア(メキシコ)が67で首位に立ち、ルイース・フリベリ(スウェーデン)と朴仁妃(韓国)が2打差の2位。

相変わらず韓国勢は最近必ず上位にいますね。

上田桃子は73で21位、不動裕理は74で36位、佐伯三貴は76で69位、横峯さくらと大山志保は77で82位。

スポーツ選手に子供を育てる気があるのなら名前は考えてつける必要性を感じた、それは上田桃子のウエアにバーミアンの桃のマークが目に入ったからだ。

あと面白かったのは、セントアンドリュースなどの全英で戦うにはコースの隅々まで知り尽くしたキャディーが不可欠と解説陣が言っていたことだ。さくらパパがどうこうというのではなくそれほどに今回のセントアンドリュースのコースは難しいってことらしいのだけど、プレー終了後のインタビューでさくらパパがさくらのことをまだ本当のプロじゃないというようなことを言っているのが虚しく見えたこと。

今回のコースでは横峯良郎さんもキャディーとしは力を出すことは難しくて精神面で娘を支えることしかできないようですね。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070803-00000006-nks_fl-golf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。