バレーボール女子ワールドグランプリ、日本がカザフスタンにストレート勝ち・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレーボール女子ワールドグランプリ、日本がカザフスタンにストレート勝ち


バレーボール女子のワールドグランプリは3日、東京・有明コロシアムで東京大会(予選ラウンドA組)が開幕し、日本はカザフスタンに3-0で快勝、白星スタートを切った。

地元ホームでの試合だし順当に勝ったって感じでした。今回はアジアからは中国、日本、チャイニーズタイペイ、カザフスタンで韓国が出場していないんだな。

日本は栗原(パイオニア)の強打などで得点を重ねて第1セットを先取。その後も荒木(東レ)、高橋(NEC)らの活躍で押し切った。

アジアでは最近は中国の次あたりに位置している日本なんでカザフスタン相手では力を計りかねるが、栗原は以前より力強くなった感じがする、大山加奈も帰ってくれば攻撃陣はかなり良くなるような期待が出てきた。一番気になっていたリベロだけど06-07V.プレミアリーグでベストリベロ賞を獲得した佐野優子よかったね、菅山にはわるいがポジション取りはセッターにきっちりかえるレシーブは差は歴然としていたな、若手の井野亜希子もいいリベロらしいので菅山はアタッカーに戻していいのでは。

アテネ五輪銅メダルのキューバはドミニカ共和国を3-0で退けた。
 大会は12チームが参加し、8月第3週まで世界各地で予選ラウンドを実施。決勝ラウンド(22~26日、中国・寧波)には通算成績上位5チームと中国が出場する。

キューバ、ドミニカとどう戦うのかが楽しみ。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070803-00000180-jij-spo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。