ボンズが来季限りの引退をほのめかす・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボンズが来季限りの引退をほのめかす


米大リーグ(MLB)ジャイアンツのバリー・ボンズ外野手(43)が13日、来季限りでの現役引退を示唆した。

薬物疑惑がなければ大記録達成直後にこんなことは言わないだろうに、精神的にかなり疲弊しているんだろう。なにか大きな怪我をしているとも聞かないし本来ならまだまだできるように思える。

ボンズは7日に通算756号本塁打を放ち、メジャー新記録を樹立。ピッツバーグで行われたパイレーツ戦終了後に記者らに対し「来年以降は分からない。あと2年やれるとは思えない」とコメントした。

普通の精神状態なら800号ホームランは狙っていくところだろうにボンズの頭の中に引退のことが記録更新より大きく占めているからこんな発言になってしまうのか。考えがネガティブになってしまっていて寂しいな。

また、引退前に成し遂げたい目標を聞かれ、ワールドシリーズ制覇と3000安打記録と答えた。

両方とも今年の達成は厳しいな、ボンズの所属するジャイアンツは現在ナ・リーグ西地区最下位だからポストシーズンにも出られないだろうし、3000本安打も2006年終了時点で2841本で2007年の8月半ばで77安打を足すと2918本だから残り試合40ちょっとで82本の安打はきつそう、ということは来年はほぼ確実にプレーを続けそうだけど2年後は本当にどうなるかわからないな。去年も今年も打率は2割7,8分だし本塁打も25本前後打っているので衰えたといっても松井秀喜なみには成績を残しているしなんと盗塁では松井秀の3に対してボンズは5と下半身もまだまだ衰えていない。もっと頑張ってほしいな。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070814-00000704-reu-spo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。