世界競泳2007、北島康介負傷していても100m平泳ぎ金メダル・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界競泳2007、北島康介負傷していても100m平泳ぎ金メダル


世界競泳が21日、千葉・習志野市の千葉県国際総合水泳場で開幕し、8種目で決勝が行われた。男子百メートル平泳ぎは、アテネ五輪2冠の北島康介(24)=日本コカ・コーラ=が59秒74で優勝。左足の故障をおしての出場ながら、見事に金メダルを獲得した。女子四百メートル自由形に出場したアテネ五輪八百メートル自由形金メダルの柴田亜衣(25)=チームアリーナ=は4分7秒68で4位に終わった。

流石は北島康介ってところを見せてくれた、故障の状態はどうなのかわからないけど1分を切ってのみごとな勝利。柴田亜衣は得意の800mを考えると400mの4位はまずまずと思っていいのかな。

手負いでも北島は北島だった。自身の日本記録に0秒21届かなかったものの、国内初の59秒台。ライバルのハンセン(米国)が今春の世界選手権で出した59秒80を上回り、電光掲示板で順位とタイムを確認すると、ガッツポーズを作った。

北島とハンセンの一騎打ちが北京オリンピックまで続くのか、新たな新鋭がこの二人に割ってはいってくるのか来年のオリンピックも平泳ぎは目が離せない。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070822-00000007-dal-spo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。