世界陸上2007、日本男子400mリレーアジア記録と日本記録で決勝進出・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界陸上2007、日本男子400mリレーアジア記録と日本記録で決勝進出


世界陸上で日本勢がやっとやってくれたという感じ、リレーでも予選を通過しなかったら何かに憑かれているんじゃないかと疑うところだった。

陸上の第11回世界選手権は31日、当地で男子400メートルリレーの予選を行い、日本(塚原直貴、末続慎吾、高平慎士、朝原宣治)が日本新記録となる38秒21のタイムをマーク。2組3着で決勝進出を決めた。

予選でアジア記録、日本記録を更新したが決勝で37秒台を出してさらに記録を更新してメダルに手がとどくか非常に楽しみになった。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070901-00000746-reu-spo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。