オリックスのタフィ・ローズ、プロ14人目の400号本塁打・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリックスのタフィ・ローズ、プロ14人目の400号本塁打


ローズって凄い選手ですね、1年もブランクがあって久しぶりに見たときはポッチャリしていて本当に大丈夫って感じだったが3割近く打ってるし本塁打も40本だもんな恐れ入る。

オリックスのタフィ・ローズ外野手(39)は2日に行われたロッテ19回戦(千葉マリン)の9回、藪田から中堅へ今季40号本塁打を放ち、通算400本塁打を達成した。プロ14人目、外国出身選手では初めて。

通算1435試合目での到達で、王貞治(巨人、現ソフトバンク監督)の1422試合に次ぐ歴代2位のスピード到達。初本塁打は近鉄時代の1996年4月4日のオリックス戦(藤井寺)の6回に清原から放った。

日本で今年11年目で400号本塁打ってことは年平均約36本塁打か、40本塁打以上打った年が半分以上の6年もあり50本塁打以上も2年ある、ちょっと不思議なのは何故か30本台の本塁打を1度も記録していない。今年の成績だと来年も契約しそうなので500号本塁打も狙えそう?

ところで今年の年俸は4700万円と出来高といわれているが、出来高部分は満額いただけそうな成績のタフィ・ローズだがいくらに上限が設定されていたのかちょっと気になりますね。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070902-00000101-jij-spo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。