松坂大輔、5回途中でノックアウトでも大量得点に助けられ14勝目・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松坂大輔、5回途中でノックアウトでも大量得点に助けられ14勝目


松坂大輔が久しぶりの勝利を手にしたが、こんな酷いピッチングがこのまま続けばプレーオフで先発投手として使ってもらえるのか不安になってくる。

レッドソックス松坂大輔投手(26)が、6回途中7失点でKOされたが、打線の援護に恵まれ1カ月ぶりの14勝目を挙げた。

1回に1点を失ったが打線がすぐに援護。ローウェルの3ランで逆転すると、3回に2点、4回には5点を挙げ10-1とリード。しかし6回に落とし穴が待っていた。先頭のステアーズを四球を出すと、リオス、トーマスの連打で1点、さらにグロースには3ランを打たれた。その後も立ち直れず1死一、二塁の場面で交代。救援のロペスも打たれこの回だけで8失点。楽勝ムードが一転、1点差になってしまった。

まさに火達磨だったな大量点をもらってこんな投球しかできないのが今の松坂の状態なのか、ストレートも前半戦では空振りをたくさんさせていたはずなのにあまり空振り取れなくなっているな疲れなのかなんなのか、とにかく自分の心配はこの状況が続けばプレーオフで松坂の先発がなくなり中継ぎになってしまうのではないかということ、なんとか立ち直ってくれ松坂大輔。

松坂は5回1/3を投げ10安打7失点、3奪三振。防御率は再び4点台の4・11に悪化。02年にメッツ石井一がつくった14勝の日本人ルーキー記録には並んだが、勝利投手の気分には浸れなかったに違いない。

たしかに9点もリードしてもらっていてノックアウトで降板だもんな勝ち投手という感じは見ているこっちも思えなくて、チームが負けなくて良かったなとか勝ち星がついてラッキーだったぐらいにしか思えない試合だった。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070904-00000006-nks_fl-base

Copyright © スポーツをみ続けて All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。