パ・リーグの審判部長がロッテに謝罪・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パ・リーグの審判部長がロッテに謝罪


このシーンスポーツニュースで見たけど、このジャッジはあまりにも酷い。スローで見れば審判の判定が間違って見えることはよくあるが、どう見てもアウトと判断してしまうことは考えられない。

11日のロッテ-日本ハム20回戦(千葉マリン)での判定をめぐり、ロッテが抗議した問題で、前川芳男パ・リーグ審判部長は12日、千葉市のロッテ球団事務所を訪れ、瀬戸山隆三社長に「運用に不手際があった。申し訳なかった」と謝罪した。

問題の場面は6回裏無死一塁。一塁走者の早川が中飛で一塁に余裕で戻ったようにみえたが、中堅の森本からの返球に間に合わなかったとして中村球審がアウトを宣告。この判定にバレンタイン監督が猛抗議した。

この試合ロッテにとっては首位日本ハムとの重要な試合だっただけにバレンタイン監督が抗議するのは当たり前っていうか、誰でも抗議をしてしまうビックリの誤審としかいいようがない。

前川審判部長は「セーフ、アウトの微妙な判定があった場合、4審判が協議すべきだった」と説明。同日の試合後に中村球審ら4審判に対して厳重注意したことを明かした。

微妙な判定でなかっただけに4審判協議をし忘れたってことか、まあ1年間に何百試合もするんだからこういうことをすべてなくすのは難しいだろうけど、一呼吸いれて判断すればこの判定のミスは防げたと思います。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070912-00000122-jij-spo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。