松坂プレーオフ先発に踏み止まれたか?微妙な投球内容・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松坂プレーオフ先発に踏み止まれたか?微妙な投球内容


松坂は次の試合で追試って感じだな、何とか2失点に抑えているがおっ松坂復活したなって投球内容ではなかった。ちと残念。

松坂、日本人ルーキー新記録の15勝目は幻に終わる――米大リーグ、レッドソックスの松坂大輔が15日(日本時間)、本拠地フェンウェイ・パークでヤンキースとの首位決戦に今季30度目の先発登板、6回途中2失点と好投したものの5点リードをリリーフ陣がひっくり返され、勝敗は付かなかった。岡島秀樹は7回途中から4番手として登板し、1/3回を投げて2本塁打を浴びるなど4失点。また、ヤンキースの松井秀喜は「6番・レフト」で先発し、タイムリー三塁打を松坂から放った。

松坂は1回1死満塁のピンチを招くも、後続を抑えて何とか無失点に抑えた。2回、3回は二塁を踏ませずテンポ良く好投。しかし4回、先頭ポサダに二塁打を許した後、松井にタイムリー三塁打を浴びて1失点。なおも無死一、三塁だったが、併殺打などでピンチを脱した。この日の松坂は、4番ロドリゲスから2奪三振など強気のピッチングを披露。6回、二塁打と連続四球で2死満塁としたところで降板した。投球内容は5回2/3、被安打4、奪三振7、与四死球6、球数120。

6回途中で120球を投げて、四死球6荒れ狂っている。やはり最近球数を減らすためにストライクを多くなげて打ちまくられているから、その反動でコースを狙いすぎているのか。次の追試で7回以上投げて2失点以内で合格点を勝ち取れ松坂大輔!

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070915-00000007-spnavi-base

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。