イチローの調子が上がってもマリナーズ3連敗で借金生活・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イチローの調子が上がってもマリナーズ3連敗で借金生活


米大リーグ、マリナーズのイチロー外野手(32)は19日(日本時間20日)、ツインズ戦で4打数2安打。一回に遊撃内野安打、九回には左前打を放ち、打率を・318とした。心待ちにしていた。イチローが04、06年サイ・ヤング賞獲得のメジャー最強左腕、サンタナと今季初対決。第1打席で遊撃内野安打を奪い、連続試合安打を5に伸ばしたが、その後は空振り三振を含む2打席凡退。しかし、試合後は全19球の真剣勝負を心から楽しんだ様子だった。

流石イチローというところかな、一時は2割を切っていた打率も3割を超えてきた。

この日は九回の打席で4番手投手から左前打を放ち、2試合連続複数安打。しかし、チームは3連敗で今季初の借金1。20日からは同地区内3球団との7連戦。自分の仕事をやり遂げるだけだ。

マリナーズというチームはもう駄目かな、こんどの同地区チームとの7連戦で大きく負け越す
ようなら今年もプレーオフ進出はきついかな。

(引用:ライブドアニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。