イチロー首位打者獲得は絶望的に・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イチロー首位打者獲得は絶望的に


イチローは2001年、2004年と首位打者になっていて2007年も首位打者になっていれば、3年おきに首位打者になって面白かったのだが今年はどうもダメらしいですね。

マリナーズ・イチロー外野手(33)の3年ぶり3度目の首位打者は、今季1試合を残し絶望的となった。「1番中堅」で先発出場し、4打数2安打で打率を3割5分1厘とした。しかしライバルのタイガース・オルドネスは2試合連続で欠場し、打率3割6分をキープ。その差は9厘だが、仮に最終戦でイチローが6打数6安打(3割5分6厘8毛)しても、オルドネスが試合に出て6の0(3割5分6厘7毛)に終わらないと逆転できない。これはまず不可能で、首位打者奪回は失敗に終わりそうだ。

タイガースはプレーオフ進出がないからオルドネスが試合に出場していなかったんだな、アメリカでもこういうことあるんだな、ちょっと意外な感じがする。

今年のイチローのバッティングはなんだかんだで久しぶりの3割5分だし、そう考えると3年ごとに首位打者は逃したが3年ごとにバッティングの調子が良くなるみたいだ。来年のマリナーズがどうなるのか不安だがそろそろプレーオフに出て欲しいものだ。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070930-00000013-nks_fl-base

 

Copyright © スポーツをみ続けて All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。