岡島秀樹投手メジャー初セーブを記録・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡島秀樹投手メジャー初セーブを記録


レッドソックス岡島秀樹投手(31)はヤンキース戦の9回、7-6とリードした場面で登板、打者4人に1四球、無安打に抑え、メジャー初セーブを記録した。

2-6で迎えた8回、レ軍は5点を奪い逆転した。「出番がいつかと思っていたら、逆転した後で行けと言われた」という岡島の出番がきた。9回ヤ軍の攻撃は2番ジーターからだった。
 岡島はジーターを二ゴロ、アブレイユ四球の1死一塁。この試合2本塁打していたロドリゲスを速球で詰まらせて二直に打ち取ると、続くトンプソンから空振り三振。「すごくうれしい。(最後は)優勝したみたいだった」と、試合を振り返った。

レッドソックスの抑えはパペルボンだったはずなのに何jかあったのかな?
ヤンキースとの今年最初の対戦という重要な一戦の9回1点差の場面で岡島秀樹が抑えとして登場しようとは思いもしなかった。結果は、ほぼ完璧なピッチングでメジャー初セーブ。

大リーグ開幕してから日本人では岡島、ドジャースの斎藤の両投手の安定感が目立ってる。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070421-00000008-nks_fl-base

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。