松井稼頭央所属のロッキーズ、プレーオフ進出決める・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松井稼頭央所属のロッキーズ、プレーオフ進出決める


松井稼頭央が西武時代の輝きを取り戻したようだ。怪我に泣かされ続けたメジャーでの選手生活だったがこれのプレーオフ進出をきっかけにいい流れになることに期待したい。

米大リーグ、ロッキーズが1日(現地時間)、ナショナルリーグのワイルドカード(2位の最高勝率)決定戦でパドレスと対戦し、9-8で劇的なサヨナラ勝ちを収めた。

松井稼頭央が土壇場でチームを2度目のプレーオフ進出に導いた。6-8と2点ビハインドで迎えた延長13回。先頭打者として打席に入った松井稼は、パドレスの守護神ホフマンから右中間へニ塁打を放った。この一打で息を吹き返したロッキーズは、この後3連打で同点。最後は無死一、三塁から、キャロルの犠牲フライで5時間を超える熱戦を制した。

それにしてもこの興奮する試合をNHKで生中継していなかったのは残念でならない。

それはさておき、これで地区シリーズでロッキーズの松井稼頭央とフィリーズの井口資仁がいきなり直接対決だ。井口資仁がアットリーの控えってのが残念ではあるが。

それにしても、プレーオフ進出8チームのうち4チームが日本人選手がいるなんて日本人にとっては最高のプレーオフになりそうだな。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071002-00000015-spnavi-base

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。