陸上のマリオン・ジョーンズが薬物使用告白・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陸上のマリオン・ジョーンズが薬物使用告白


スポーツ選手にとっては、ドーピングはばれてはいけないもので使ってはいけないものという認識はあまりないのではなかろうか?

陸上女子短距離のマリオン・ジョーンズ(米)が金メダル3個を獲得した2000年シドニー五輪の前からドーピング(禁止薬物使用)をしていたことを家族や友人に宛てた手紙の中で認めていたことがわかった。

4日に米ワシントンポスト紙(電子版)が報じたもので、薬物使用問題に関して偽証罪で訴追されていたジョーンズは5日、ニューヨーク州内の連邦地方裁判所で有罪を認める証言を行う。シドニー五輪でジョーンズが獲得した計5個のメダルは、はく奪される可能性が出てきた。

2007の世界陸上でとったメダルを剥奪っていうならわかるが、7年も前のものを剥奪とは。その当時ドーピング検査に引っかからなかったらあとは今回のように自白でもしなければドーピングしていることはわからないから、自白すればメダル剥奪、黙っていればそのままって不公平を感じる。

ジョーンズは、手紙の中で、1999年から2年間に渡って競技力を向上させる「クリアー」と呼ばれる物質を使用していたことを告白。当時のコーチだったグラハム氏に「栄養補助のアマニ油」だと勧められ、禁止薬物とは知らずに摂取したという。

いまさら、マリオン・ジョーンズが薬物使用を告白するということは、最初は知らずに摂取していたのは事実だからか?マリオン・ジョーンズが出てきた時は、ジョイナーの100mの記録を破るのは彼女だろうとか言われていたが・・・

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071005-00000005-yom-spo

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。