ロッテから戦力外通告を受けた黒木、まずは12球団トライアウトから新たな挑戦・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロッテから戦力外通告を受けた黒木、まずは12球団トライアウトから新たな挑戦


黒木知宏にとっては厳しい宣告となったが、ロッテもかなり頑張って復活に期待して待ってくれていたと思うが復活しきれなかったのでいたしかたなしか。怪我さえなければまだロッテでエースとして投げていても不思議でない年齢だけに寂しいな。

ロッテから2日に戦力外通告を受けた黒木知宏投手(33)が4日、さいたま市のロッテ浦和球場で現役続行に向け悲壮な決意を明かした。「自分の気持ちにウソをつかず突き進んでいきたい。人生は長い。楽な方ばかりじゃなく困難に立ち向かっていく方がいい」

今季1軍登板は1試合だけ。球威の衰えは隠せない。現時点で獲得に興味を示す球団もない。それでも「野球が好きなんで。まだまだ野球をやりたい。僕を必要としてくれるところがあれば喜んで行きたい」。育成選手での契約、さらに韓国、台湾でプレーする可能性についても「それを含めてどこへでも挑戦していきたい。いろんなことがきてもいいように準備します」と言い切った。

今年の黒木の成績は1回1/3で打者5人被安打0で2奪三振1四球で防御率0.00だから長いイニングはわからないが短いイニングならいけるかも。4つのアウトのうち2つも三振を奪っているんだし球威が衰えていようとコントロールと球の切れで何とかなるのではというか何とかなってくれ

12球団トライアウトでどこかの球団が黒木を獲ってくれれば日本でまた黒木知宏の投球が見れるかもしれない。メジャーという言葉がでてこないのが少し寂しいね。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071005-00000004-spn-spo

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。