亀田一家に処分下る・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亀田一家に処分下る


処分されるのは当然のことだろうけど、やった意味がどう考えても理解に苦しむ。負けそうだといってもサッカーなどと違い数秒でも時間があればどんなにポイントで大差がついていても一発K.O.パンチを食らわせればボクシングは逆転勝利もあるのに、最終ラウンドで反則を連発して時間を無駄につかっていた。逆転勝利を狙わなかったのはなぜなのか本当にわからない。

世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチ(11日、東京・有明コロシアム)で挑戦者の亀田大毅選手(18)=協栄ジム=がチャンピオン、内藤大助選手(33)=宮田ジム=に反則を繰り返した問題で、日本ボクシングコミッション(JBC)は15日、倫理委員会を開き、所属する協栄ジムの金平桂一郎会長に3カ月のクラブオーナーライセンスの停止、亀田史郎氏にセコンドライセンス無期停止、亀田大毅選手にはボクサーライセンスの1年間停止との処分を決めた。セコンドについた兄・興毅選手には厳重戒告処分が下された。

処分があの行為に対して妥当かどうかはわからないが、この処分を受けて亀田一家の今後の態度がどう変化するか気になります。

11日の試合では大毅選手は内藤選手に頭突きなどの反則を繰り返したうえ、最終12回には抱え上げて投げ飛ばすなどして計3点を減点された。また内藤陣営によると、大毅選手はグローブの親指部分で目を突く「サミング」や太ももを打つ反則「ローブロー」などを繰り返していた。

こういう反則ははセコンドから言っていたといわれているが、それが本当なら兄と父親に言われて反則していたことになる。そう考えると兄や父親の責任のほうが重いように思えるのだが。

また肉親がセコンドに就くことを禁じるWBCの規定に反し、亀田陣営は大毅選手の父、亀田史郎氏と長兄の興毅選手=協栄=がセコンド入りしたうえ、試合開始前のレフェリーチェックの際に史郎氏が内藤選手を威嚇する言動を行うなどしていた。

WBCの規定に違反していても試合はできるのか、そんな規定に意味があるのか?しかし海外のボクシングでも兄や弟がセコンドについているのをよくみるがIBF、WBA、WBOにはそんな規定はないのかな?

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071015-00000935-san-spo

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。