内藤大助 vs 亀田大毅戦の解説者鬼塚勝也さんがブログで「解説者として失格」とコメントした・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内藤大助 vs 亀田大毅戦の解説者鬼塚勝也さんがブログで「解説者として失格」とコメントした


負けているほうを応援する気持ちはわかるので、もし内藤選手のほうが劣勢だったら内藤選手を持ち上げるコメントをしていたというのはわかるが、あんなルール違反しまくる選手の何を持ち上げるというのだろうか?この試合を見ていなかったので最終ラウンドで鬼塚氏がどのような解説をしていたのかはわからないが、ちょっとその点は疑問に感じた。

ボクシングの元WBA世界Jr.バンタム級王者、鬼塚勝也さんが16日付の自身のブログで、解説を務めた「WBC世界フライ級タイトルマッチ 内藤大助 vs 亀田大毅」戦に関して「解説者として周りを傷つける結果になってしまった」とコメントし、「解説者としては失格」と自分の気持ちを明かした。

“亀田寄り”とも取れる解説に関して鬼塚さんは「チャレンジャーの気持ちでリングに立った内藤選手に対して無礼な解説になっていた」としながらも、「もしこの試合が逆に亀田選手の一方的な内容だったら、自分は間違い無く内藤選手の良さを持ち上げるコメントをした」と弁明。

しかし、「ただ自分の思いよがりがコメントを偏らせていったし、その時点で解説者としては失格」と自身に対して厳しい判断も下すコメントも。

その他、大毅選手や亀田家に対する想いも載せ、最後に「そんな事を勝手に考えてしまう自分の思いが、解説者として周りを傷つける結果になってしまった」と綴った。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071017-00000014-oric-ent

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。