松坂微妙、岡島好投でレッドソックスワールドシリーズ進出・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松坂微妙、岡島好投でレッドソックスワールドシリーズ進出


松坂は相変わらず連打される場面があってひやひやさせられたがなんとか5回を投げ切ってプレーオフで日本人投手初勝利を手にした。

来年以降はどうなるかわからないが今年は完全に松坂より岡島のほうが目立ってます。2イニング目に打ち取った打球をエラーで2塁にいかれてこの時点で1点差だったから一打同点で松坂の勝利が消えかかったがサードゴロでダブルプレーでピンチを切り抜けたときは鳥肌が立った。

米大リーグ、ア・リーグ優勝決定シリーズ(7回戦制)のレッドソックス(東地区1位)-インディアンス(中地区1位)第7戦は21日(日本時間22日)、米ボストンで行われ、レッドソックスが松坂の好投などで11対2でインディアンスを降し、24日に始まるナ・リーグ覇者で松井稼の所属するロッキーズ(西地区2位=ワイルドカード)とのワールドシリーズへ進出を決めた。

さてアメリカン・リーグが7戦までもつれたのに対してナショナル・リーグはロッキーズの4連勝で終わってしまったから、このことがレッドソックスとロッキーズの戦いにどう影響するかも楽しみだ。

レッドソックス先発の松坂は、三回まで1安打無失点と好投。四、五回に1点ずつ返されたものの、五回2失点と好投した。六回から代わった岡島も2回を無失点に抑えた。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071022-00000006-maiall-base

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。