日本シリーズ日ハムが先勝、両エースが完投の投手戦・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本シリーズ日ハムが先勝、両エースが完投の投手戦


日ハムが日本シリーズ先勝、中日は初回の3ランでの3失点が悔やまれる試合になってしまった。川上の初回の3失点が結局試合を決めた結果になったが、両エースとも完投するという見応えのある投手戦だった。

中日川上、日本ハム・ダルビッシュの先発両エースの投げ合いが注目されたが、川上にとって悪夢の1回となった。2つの四球で迎えたピンチで、4番セギノールに痛恨の3ランを喫した。その後は8回1死まで「完全」に抑えるなど、気迫あふれる投球で2安打に抑えだけに、悔やんでも悔やみ切れない1回のピッチングだった。打線はダルビッシュの力に封じられ、6回無死一、三塁から森野の中犠飛で1点を返すのが精いっぱい。13三振を奪われて完敗に終わった。落合監督は「大丈夫だろう。これだけ足が動いていれば」と前を見据えた。

日ハムは第2戦に勝てば連覇の確率が急上昇するだろうし、中日は第2戦を勝たないと53年ぶりの優勝の夢がまた遠のくという重要な試合になるが、さてどちらが勝つだろうか?

それにしてもダルビッシュ投手、川上投手ともオリンピック日本代表だからオリンピックのことを考えると心強いな。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071027-00000028-nks_fl-base

 

Copyright © スポーツをみ続けて All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。