A・ロッドがヤンキース退団、次はどの球団が彼を獲得するのかな?・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A・ロッドがヤンキース退団、次はどの球団が彼を獲得するのかな?


優勝できるチームでプレーしたいとヤンキースに移籍したが、結局ワールドシリーズ優勝のアレックス・ロドリゲスの夢はかなわなかった。次の球団でその夢は叶うのか。

米大リーグで通算518本塁打を記録しているヤンキースのアレックス・ロドリゲス内野手(32)が28日、今季限りで退団する見通しとなった。複数の米メディアが報じた。同内野手の代理人によると、2001年にレンジャーズに入団した際に結んだ総額2億5200万ドル(当時約279億円)の10年契約を3年残して途中解除することを決めた。

米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)によると、ロドリゲスは最大9100万ドル(約104億円)を失う代わりにフリーエージェント(FA)となり、全30球団との交渉が可能となる。これまでヤンキースは、ロドリゲスがFAになった場合は再契約交渉をしない意向を示している。

それにしてもフリーエージェント権を100億円以上で買ったって感じだな、凄過ぎだ。100億円を失ってもヤンキースを出てしまうなんてA・ロッドの金銭感覚はどうなっているんでしょうね。

ロドリゲスは04年にレンジャーズからヤンキースへ移籍。4年目の今季は両リーグ最多の54本塁打、156打点、143得点をマークした。

これだけ打ってもポストシーズンに振るわないA・ロッド、こういう人っているんだよな。レッドソックスのラミレス、オルティスなんかは今年のレギュラーシーズンは近年では悪い数字を残していてもプレーオフでは大活躍しているのを見るとA・ロッドがかわいそうに思えてしまう。

今回のプレーオフでラミレスがバッターボックスに立つと必ずヤンキースのバーニーウィリアムズの名前がよく出てきたが、ラミレスに今年のプレーオフで本塁打は抜かれたが出場試合が120試合もあることから打点や得点など軒並み大リーグ記録を持っている。このバーニー・ウィリアムズが活躍していた時はヤンキース強かったもんな。ヤンキースはプレーオフにも強い選手がほしいだろうから、ラミレス、オルティスなんか狙われそう。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071029-00000164-jij-spo

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。