ヒンギスが薬物使用?でもコカインって何に効くの?・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒンギスが薬物使用?でもコカインって何に効くの?


マルチナ・ヒンギスにドーピング検査で陽性反応が出てしまったが、それが筋肉を増強するものでも持久力を増すものでもなく、よく麻薬事件などできくコカインだというのだから驚きだ。コカインは運動能力の何に効果があるのか、そしてもしこれが本当ならドーピングがどうのこうのというよりも警察沙汰になるのでは?

女子テニスの元世界ランキング1位、マルチナ・ヒンギス(27)=スイス=は1日、スイス・チューリヒで記者会見し、今年のウィンブルドン選手権のドーピング(禁止薬物使用)検査でコカインに陽性反応を示していたことを明らかにするとともに、現役引退を表明した。

ウィンブルドン3回戦で敗れた後の検査で陽性反応があったという。ただし、本人は「薬物を使ったことは100パーセントない」と潔白を主張。その上で「(疑いを晴らすために)何年もドーピング機関と闘いたくない」と語り、「年齢的なことや健康の問題で引退を決めなくてはならない。(今回の疑惑で)現役続行のモチベーションが下がった」などと引退を決意した理由を説明した。

ヒンギスがこれからどのように上位のテニスプレーヤーと戦っていくのかけっこう楽しみにしていたのにこの時点での引退表明は残念でならない。これでは数年テニスから離れて復帰した意味が薄れてしまう。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071102-00000036-jij-spo

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。