バレーボールワールドカップ、セルビアの高さに屈する日本女子・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレーボールワールドカップ、セルビアの高さに屈する日本女子


こういう試合を観てしまうとやっぱりスピードといっても限界を感じてしまう、物理的に今のバレーボールで170cm以下の選手が2人もいると190cmの選手が1人ぐらいしかいなかった時代ではどうにかなったかもしれないが3人もいると高橋と竹下の上からスパイク決められてどうしようもない感じがしてしまう。

バレーボールのワールドカップ(W杯、産経新聞社など共催)で4日、セルビアに1-3で敗れた日本女子。最大7点のリードを築いた第4セットの終盤で、高橋の強打、栗原のバックアタックが、ことごとくセルビアのブロックにつかまった。

韓国戦ではあんなに相手のブロックを抜いていたのにセルビア相手だと小学生が高校生とやっているがごとくブロックされている、この身体的差を短時間でどれだけ修正できるのだろう?柳本監督の手腕に注目!

北京行き切符を獲得できるのは3位以内。柳本晶一監督は「負けたけど、課題は明白になった。前向きにとらえたい」と視線を上げる。来年の最終予選ではなく、今大会で五輪行きを決めるという姿勢に変わりはない。とはいえ、強豪との戦いを控え、厳しい状況に追い込まれた。

しかし、柳本監督はワールドグランプリの時も「高さに対する課題が見えた」といっていて今回は「課題が明白なった」になったがこれは進歩したと捕らえていいのかな?

テレビで柳本監督と高橋、竹下の絆をやっていたのをみてうまくいけばいいなと思ったが、現実的に他国のチームの平均身長が200cm近くになってくるとメダルまで到達するのは厳しい。今回中国がいないので北京オリンピックでメダルとなるとさらに厳しくなる。

そういえば、以前身長制限のバレーボール大会の話はどうなったのかな?男子が185cm、女子が175cm以下でバレーボールをするってやつ。ニュースで観たことないのだが?身長制限の大会ならまた日本の時代が訪れそうな気がするのだが。

セルビアに負けたことで現時点で全勝しているブラジル、イタリア、アメリカのうち2つは勝たないとこのワールドカップでの北京オリンピック出場は厳しそう。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071105-00000902-san-spo

 

Copyright © スポーツをみ続けて All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。