イタリアに完敗、今大会での北京五輪の切符獲得はお預けやね・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリアに完敗、今大会での北京五輪の切符獲得はお預けやね


イタリアに負けた時点でほぼ3位以内で北京五輪出場切符はお預けになったな。それにしても身長ではセルビアよりかなり低かったイタリア(エースがいなかったらしい)にここまで完璧にやられるとは。こういうのを見るとチーム戦の場合結果だけではチーム力分かりにくいですね、エース温存で日本に20点台に踏み入れさせないイタリア、そのチームに負けた日本得点差以上の力の差があるってことか、そういえばバレーボールアジア女子選手権大会で24年ぶりに優勝した日本だが中国に主力がいなかったようだ、それまで10連覇していた時にいつも中国が主力を出してきていたか分からないから主力がいないからといってこの勝利に意味がないとはいわないが、自分はこのバレーボールアジア女子選手権大会で日本が24年ぶり優勝と聞いた時は中国にも勝てるほど強くなったと喜んだが、主力が出場していないときいてガックリしたのを覚えている。

W杯女子第5日(7日、大阪・なみはやドームほか)世界ランキング7位の日本は、同4位のイタリアにストレート負け。高橋みゆき(28)=NEC=がわずか4得点に封じられるなど、1セットも20点に届かない完敗だった。通算3勝2敗で6位に転落し北京五輪出場権を得られる3位以内へ赤信号がともったが、柳本晶一監督(56)は9日のペルー戦から始まる札幌シリーズの3連勝を宣言。北京キップはあきらめない。

ポーランド、ペルー、ケニア全チームとも今の日本の順位より下のチームだからこの3連勝宣言は守られないとオリンピック出場も危うくなりそう。

柳本監督はよくやったよ、メダルを夢見れるところまで全日本チームを引き上げた。だが、今大会で全日本女子バレーチームはオリンピックには行けるがまだメダルを獲れるまでには至っていないことが分かった。だってアテネ五輪決勝に進出した中国もロシアもいないのに3位になるのに四苦八苦じゃオリンピックでメダルなんてあまりにも無謀でしょ。

結局は他チームが平均身長伸ばしているなかで170cm以下のプレイヤーが2人もいたら上位チームとは勝負にならない時代にバレーボールは突入してしまっている。セッターだけならまだ可能性はあるかもしれないが2つもブロックに穴があっては・・・。

北京オリンピック開幕まで1年切って今更大幅改革はもう厳しいから今回もオリンピック出場することで我慢してメダルはその次のお楽しみかな。一度今組める最身長全日本チームを見てみたいな、でもレシーブのことを考えると竹下、高橋がオリンピック後いなくなったらまた韓国に拾い負けしそうでこわいな。

 

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071108-00000012-sanspo-spo

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。