桑田との再契約にパイレーツファンが疑問視・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桑田との再契約にパイレーツファンが疑問視


最後の力を振り絞り大リーグのマウンドに立つことを夢見る桑田真澄投手に頑張って欲しい日本人にとってはちょっとショックなニュースだが、ある意味しかたのない見方ともいえる。

桑田真澄投手の再契約をパイレーツ地元ファンが疑問視―。ピッツバーグの地元紙「ピッツバーグ・ポスト・ガゼッテ」紙の電子版は、8日付けで、読者からの質問に対して、同紙のデジャン・コバセビッチ記者が応えるQ&A形式の記事を掲載した。

その中で、ある読者が「私は長年のパイレーツ・ファンだが、何故、桑田真澄と契約したのか、理解に苦しむ。この人員で新しい指揮官の元、戦っていけるとは思えない」と、厳しい質問状。それに対して、コバセビッチ記者は「桑田を含む多くの中継ぎ右腕は、4席残っている(オソリアがもし、活躍すれば、3つの席になる)中継ぎ候補に、誰が居残るかをキャンプで試されるために契約された」と説明し、あくまでも、招待選手としてキャンプ参加のチャンスを与えられた、というスタンスを説明している。

パイレーツは野茂が大リーグにいってからプレーオフで名前を聞くこともない近年低迷している球団だからそろそろ浮上のきっかけを掴んでほしい地元のファンにとっては日本の力の落ちた投手にチャンスを与えている場合じゃないってところなんでしょうね。しかしこんな状況じゃキャンプで桑田はちょっとでも打たれたら即クビって感じがしてしまう。

また、同記者は「もし、桑田を含むこのグループが春季キャンプを通じて生き残るようなことになれば、パイレーツにとっては、大きなギャンブルに等しいが、首脳陣は、その辺の判断は理解していると思われる」とも。現実に、桑田が開幕メンバーに残る可能性は低いと分析しているが、万一、そうなれば、球団にとっては大博打、と皮肉を込めて報じている。

昨年もたしか桑田が大リーグのマウンドに立つ可能性がある球団を選んでパイレーツになったはずなので、桑田が開幕メンバー入りしてもとくに大博打とも思えないけど、この考え方は日本人の桑田ひいきなのでしょうか?とにかく日本人としては何が何でも桑田には大リーグのマウンドに立って投げてる姿を見せていただきたいそれだけです、地元のパイレーツファンの方々すみません。

(引用:ライブドアニュース

 

Copyright © スポーツをみ続けて All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。