全豪テニス、第3シードのノバク・ジョコビッチがグランドスラム初制覇!・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全豪テニス、第3シードのノバク・ジョコビッチがグランドスラム初制覇!


準決勝で第1シードのロジャー・フェデラーを破ったジョコビッチと第2シードのラファエル・ナダルを破ったノーシードから勝ち上がってきたジョーウィルフリード・ツォンガとの新鮮な顔合わせの決勝戦となった。男子は最近第1,2シードが強すぎて決勝の組み合わせがちょっとマンネリ化しているように感じていたのだ、だってかならず最近はフェデラーかナダルが決勝戦にいるんだもんな。

テニスの全豪オープン最終日は27日、メルボルンで行われ、男子シングルス決勝で、第3シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が、ノーシードから勝ち上がったジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)を、4-6、6-4、6-3、7-6の末に下して、4大大会初優勝を飾った。

昨年最後のグランドスラム大会の全米の決勝でフェデラーに敗れたジョコビッチだが2008年最初のグランドスラム大会ですぐにリベンジを果たしてしまったが、フェデラー時代が終わりを迎えようとしているのかちょっと寂しさが過ぎった。それとツォンガのこの快進撃が本物ならおもしろい22歳で突然の急成長をはたしたのかちょっと次の大会が楽しみだ。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080127-00000034-yom-spo

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。