F1開幕に間に合うのか?スーパーアグリの苦悩・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F1開幕に間に合うのか?スーパーアグリの苦悩


ジャンクスポーツの浜ちゃん効果もどこえやら資金集めに苦労がたえない鈴木亜久里さんだが2008シーズンもまだまだ苦労が続きそうでかわいそうだ。ドライバーもこれから獲得するスポンサーによって変更もありえるということだけど、琢磨は大丈夫そうでちょっと一安心。

スーパーアグリF1は、先日2008年型マシンSA08がFIAの課すクラッシュテストに合格したにもかかわらず、予定されていた新車の公式発表会を延期することを明らかにした。

発表が遅れる理由は明かされていないものの、競争力をつけて2008年シーズンに参戦するために必要な資金の調達を現在行っているところであることは、チームは公に認めている。また、FIAの暫定エントリーリストでは佐藤琢磨とアンソニー・デイビッドソンの名前が載っているものの、チームは、スポンサーもドライバーラインナップもまだ決定していないとしている。チーム関係者によると、2007年と同様のドライバーラインナップを維持することが一番の希望であり、ホンダF1のニック・フライもその意見を支持しているものの、特にデイビッドソンがシートを保持できるかどうかは、スポンサーとなる企業がどこになるかにかかってくるという。

スーパーアグリのニューマシンが開幕に間に合わないということもあり得るのではないかと少し心配したけど、いちよう3月のF1開幕戦のメルボルンには新車披露が「濃厚」の文字を見て安心した。しかしスポンサー探しはだだでさえ難しいのに、サブプライムローン問題で景気の先行き不安定となってさらに難しくなってきそうで嫌ですね。ここはお決まりのオイルマネー頼りで産油国に頼んでみては?

ほとんどのチームが2008年型ニューマシンの発表を済ませている中、スーパーアグリは来週2月19日にバルセロナで新車を発表し、新シーズンの活動を本格的に始動する予定だったが、どうやら新車が披露されるのは、3月の開幕戦メルボルンとなることが濃厚である。

スーパーアグリは、2007年序盤には、佐藤によりバルセロナとモントリオールでポイントを獲得し、有望なパフォーマンスを見せていた。しかし、シーズン開始時に発表されたメジャースポンサーの支払い不履行により、シーズン後半にはテストや開発ができない状況に陥り、前半戦の好調さを継続していくことができなかった。鈴木亜久里代表は、発表会を延期し、もしかするとドライバーラインナップの変更を強いられるとしても、昨年のような状況を繰り返すことはなんとしても避けたいと考えているようだ。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080213-00000002-rcg-moto

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。