フィギュアスケートの四大陸選手権SPで1位浅田真央、2位安藤美姫・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィギュアスケートの四大陸選手権SPで1位浅田真央、2位安藤美姫


3月にスウェーデンのイエテボリで開催される2008世界フィギュアスケート選手権大会の前哨戦(?)的な感じがするフィギュアスケートの4大陸選手権だが、韓国で行われているのにキム・ヨナが怪我で出場していないのはざんねんだ。

フィギュアスケートの四大陸選手権第2日は14日、女子ショートプログラム(SP)で、浅田真央(愛知・中京大中京高)がジャンプの着氷でミスしたものの、1位スタート。安藤美姫(トヨタ自動車)は0・87点差の2位。村主章枝(avex)は9位だった。

今日本女子のフィギュアスケートは浅田真央と安藤美姫の二枚看板が強いので結構圧倒的な感じがしてしまう。ちょっと寂しいのが村主章枝の成績だ、どうも今の得点方式になってから上位に食いつけなくなってきている。村主章枝が次の冬季オリンピックのバンクーバー(カナダ)に出場できる可能性がかなり厳しくなったように思えるが、後2年あるのでなんとか逆転ホームランみたいなことが起こることもちょっと期待している。

浅田真央「(失敗した3回転ジャンプは)体が傾いてしまった。こけなくて良かった。フリーはアクセルがキーになる。しっかり決めたい」 

浅田真央は相変わらずジャンプの調子は良くないみたいだな、心配だ。浅田真央が出てきたころは真央ちゃんがジャンプで失敗なんてする気がしなかったんだが。

安藤美姫「SPはきちんと楽しんで滑れた。フリーでは4回転をやる。楽しみにしてほしい」

安藤美姫の4回転への意欲を感じるとあのトリノ五輪に至るまでの痛々しい安藤美姫を思い出してしまう。あのころとは精神的にも技術的にも違うだろうから同じようにはならないだろうがちょっと心配してしまう。まぁ4回転決めれば一番上に立てる可能性が高まるだろうけどね。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080214-00000063-yom-spo

 

Copyright © スポーツをみ続けて All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。