フィギュアスケートの四大陸選手権で浅田真央が優勝、3位安藤美姫・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィギュアスケートの四大陸選手権で浅田真央が優勝、3位安藤美姫


完璧な演技って感じではなかったがトリプルアクセルも決めたし真央ちゃんはショートでトップに立つと他の選手は大変だなと思っているのではないのかな?

フィギュアスケートの四大陸選手権最終日は16日、女子のフリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の浅田真央(愛知・中京大中京高)がトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を決め、初優勝を果たした。

SP2位の安藤美姫(トヨタ自動車)は、2年ぶりに4回転ジャンプに挑戦したが失敗に終わり、3位に終わった。村主章枝(avex)は10位だった。

安藤美姫は出だしで4回転を意識しすぎてか不調のころの安藤が顔を出しまくってもう駄目かと思ったが段々と持ち直してきて最終的に3位表彰台は逃さなかった。これも安藤美姫が先進的に強くなってきたってことなのだろうか。

村主章枝は点数のつけ方が変わってからはなかなか上位に顔を出すことができなくなってしまいました。これを克服していけるのでしょうか?

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080216-00000039-yom-spo

 

Copyright © スポーツをみ続けて All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。