元プロ野球選手の江藤慎一氏が死去・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元プロ野球選手の江藤慎一氏が死去


プロ野球も大リーグに並ぶことは無理だけど歴史が長くなってきているからこういう寂しいニュースにはこれからも接することは仕方ないんだけどやっぱり寂しくなる。

プロ野球の中日などで活躍し、史上初めてセ、パ両リーグで首位打者に輝いた江藤慎一(えとう・しんいち)氏が28日午後3時38分、肝臓がんのため東京都内の病院で死去した。70歳。熊本県出身。葬儀・告別式は3月5日午前10時から東京都品川区西五反田5の32の20の桐ケ谷斎場で。喪主は三女忍(しのぶ)さん。

熊本・熊本商高から社会人の日鉄二瀬を経て1959年に中日入り。1年目からレギュラーとなり、右の強打者として64、65年に連続で首位打者を獲得。70年にロッテへ移籍、71年に首位打者となり、史上初めて両リーグで首位打者に輝いた。精悍(せいかん)なマスクとファイトをむき出しにするプレーぶりで「闘将」の異名を取った。

その後、大洋(現横浜)、太平洋(現西武)、ロッテでプレーし、76年で引退。75年は太平洋で兼任監督も務めた。プロ通算18年間で2057安打、367本塁打、1189打点、打率2割8分7厘。ベストナインに6度選出され、オールスター戦には11度選ばれた。

現役引退後の85年には静岡県に「日本野球体育学校」(江藤野球塾)を設立。業務提携した社会人チームのヤオハンジャパンを都市対抗出場にも導いた。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080228-00000206-jij-spo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。