バレーボール、北京五輪最終予選の組合せ決まる!・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレーボール、北京五輪最終予選の組合せ決まる!


Vプレミアリーグも終盤に差し掛かっていて盛り上がるバレーボールにさらに盛り上がってしまうバレーボールの五輪への最後の道となる世界最終予選の抽選会が行われて対戦国が決定した。

バレーボールの北京五輪・世界最終予選兼アジア予選(女子5月17日開幕、男子同31日開幕、東京体育館)の組み合わせ抽選会が3日、都内のホテルで行われ、対戦日程が決定した。2大会連続出場を目指す日本女子は欧州予選2位のポーランドと、4大会ぶりの五輪出場を目指す男子は2004年アテネ五輪銀メダルのイタリアと、それぞれ初戦を迎える。

女子は五輪出場はかなり高確率だけどワールドカップ前とくらべると柳本監督の口からメダルという言葉が聞こえなくなったのがちょっと残念。男子は自分的にはオーストラリアに勝つことがすべてのよう思っている。

同予選には男女各8チームが参加し、1回戦総当たりのリーグ戦を実施。女子は4チーム、男子は2チームが出場権を手にする。日本が五輪切符を獲得するためには、女子は4位以内かアジア4チームでの最上位、男子は2位以内かアジア5チームでの最上位が条件。

男子バレー世界ランクが女子より厳しいのに北京出場枠が女子より少ないとは。男子はイタリア、アルゼンチンに勝って全体1位になるのは非常に厳しいのでオーストラリアに勝ってアジア1位で北京五輪出場が一番現実味があるようにおもう。

日本は女子が、参加チームのなかで世界ランクが上から2つ目と、同予選での北京五輪切符獲得が有力視されているが、柳本晶一全日本女子監督は「(出場チームの)力関係が拮抗している。女子について(北京五輪に)行けると言われているが、危機感を持っている」と話し、開催国が2試合指名できる対戦日程指定国に挙げた韓国については「特にレベルアップをしている」と警戒した。また、ポーランドを初戦の相手に指定したことについては、データバレーを強みのひとつとする同国に「データを取られないうちに戦いたい」と、ライバルの特性を考えた上での指名であることを明かした。

ワールドカップではポーランドにも韓国にも勝っている日本なのに、かなり弱気な発言にも感じられる柳本監督のコメントだけど、ただ気を引き締めるための言葉ならいいのだが。ワールドカップ以降メダルという言葉がめっきり減ったのが気がかりだ。今の日本に五輪でメダルを獲る力があるように思えないので仕方ないのだが・・・寂しい感じがする。

とにかく久しぶりにバレーボールが男女そろってオリンピックに出場してくれることを願っているので男女とも頑張ってください、とくに男子バルセロナ五輪以来のオリンピック出場を決めてくれ!!

■北京五輪世界最終予選兼アジア大陸予選
女子大会 5月17日~25日
男子大会 5月31日~6月1日
開催地 東京体育館

<女子・日本戦日程>
5月17日 ポーランド
5月18日 プエルトリコ
5月20日 カザフスタン
5月21日 ドミニカ共和国
5月23日 韓国
5月24日 タイ
5月25日 セルビア

※女子五輪出場権獲得条件
以下4チームが北京五輪出場権を獲得
1)全体の最上位チーム
2)1)を除くアジア圏での最上位チーム
3)1)2)を除く上位2チーム

<男子・日本戦日程>
5月31日 イタリア
6月 1日 イラン
6月 3日 韓国
6月 4日 タイ
6月 6日 オーストラリア
6月 7日 アルゼンチン
6月 8日 アルジェリア

※男子五輪出場権獲得条件
以下2チームが北京五輪出場権を獲得
1)全体の最上位チーム
2)アジア5チームでの最上位チーム

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080303-00000016-spnavi-spo

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。